春に役立つアロマオイル

2017-05-01

新年度が始まり、ひと月が経ち、ゴールデンウイークとなりました。
4月から新しい出会いや環境など、新鮮な気持ちと程よい緊張を感じている方も多いですよね。
大型連休を楽しんでくださいね!

春は天気もいろいろ…
穏やかな日もあれば、風や雨の強い春の嵐もあります。

変化の多い環境で、気持ちもアップダウンの激しい季節です。
体調にも出てくる方も多いですから、セルフケアは欠かせませんね!
下記のような不調を感じたら…精油選びの参考にしてくださいね。

faa_%ef%be%97%ef%be%8d%ef%be%9e%ef%be%9d%ef%be%80%ef%be%9e%ef%bd%b001

●新しい環境になれず心身や神経に緊張や疲労を感じる…
●肩に力が入りすぎて、家に帰ると疲労感でいっぱい…

 ↓
これは自律神経系バランスの乱れに繋がりますね。
緊張状態は、交感神経が優位の状態!適度に息抜きをして、リラックスして副交感神経の働きを促しましょう!
こんな時の香りは…サイプレス&ラベンダー、サイプレス&ベルガモットがオススメ!
お仕事の合間にも、帰宅後のリラックスタイムにもどうぞ~♪

●気圧の変化や気温の変化に伴う冷えや浮腫みが…
 ↓
春の気まぐれなお天気に、身体がついていけませんね。
足元も、くるぶしが出ていて冷えを感じるなどの場合は、婦人科系や内臓の冷えにも繋がります。
内臓が冷えると…浮腫みも当然出てきますよ!
そんな夜は、アロマでセルフケアしてくださいね。
オレンジ&ゼラニウム、レモン&ラベンダー、マジョラム&クラリセージなどで、フットトリートメントや入浴剤を作ってゆっくり温まってください♪


●GW後の5月病が心配…
 ↓
毎年、この時期に気分が落ち込みやすい方は、きっと頑張り屋さんですね!
少しずつ蓄積してきた疲れや人間関係ストレスが原因といわれています。
心と身体の出すSOSサインにしっかり気づいて、香りで精神をコントロールしていきましょう。

<身体的な不調>
*夜になると眠れないから、朝も起きれない
そんな方は、ぬるめの湯船に入た後は、ラベンダーとベルガモットの芳香浴をしながら30~40分後には布団に入ってみましょう!
お風呂で上がった体温が冷めていく時、眠気がやってきやすいですから、良質な睡眠をとるチャンスです!準備してくださいね。

*食欲が出ない…または、ダラダラ食べてしまう
オレンジやグレープフルーツの香りは、消化器官の活性や代謝を上げ、食欲増進につながります。
また、ペパーミントやパチュリの香りは、食欲抑制に繋がります。
コロンやフレグランススプレーを作って、香りを嗅ぎながら過ごしてみてくださいね。

*頭痛など、痛みを伴う不調が出る
鎮痛作用のある香りは、ペパーミントです。また、痛みの元は「炎症」がほとんどですから、抗炎症作用のある香りもご一緒にお試しくださいね。
ペパーミント&ローズマリー、ペパーミント&ラベンダー、ペパーミント&レモンなど
芳香浴やアロマクリームなどを作って、痛みの部分に優しく塗ってください。

<精神的な不調>
*やる気が起きない…イライラする…焦燥感が抜けない…など
感情バランスのサポートには、気持ちを明るくさせてくれる香りがオススメです。

気力を上げて頑張りたい方は…
朝からローズマリーやユーカリ、レモングラス、レモン、ペパーミント、シナモンを嗅いで心を刺激してくださいね。

心を落ち着けてゆったり過ごしたい方は…
日中は、ゼラニウムやサイプレス、オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなど
夜は、ラベンダーやイランイラン、シダーウッド、パチュリ、クラリセージ、フランキンセンスなど時間帯によって変化させて使用するといいですよ!

食事もとても大切!
心理的にも、添加物の多いジャンクなものについつい手が伸びてしまうかもしれません~
栄養バランスや添加物の影響は、脳内や精神面に出てきますので、少し意識を変えて、食選びもしてくださいね。

当協会では、アロマテラピーや癒しのセラピー、食の安全などについての情報を持った会員さんが各地で活動しております。
認定校の体験講座やワークショップなど、是非参加されて、日々に役立つアロマグッズや情報を活用くださいませ!

faaphoto_03

Copyright(c) 2015 ファーストアロマテラピー協会 All Rights Reserved.